出産前から考える

自分の子供を育てていく中で、子育てにかかる費用の貯蓄は必要です。毎月いくら貯金するか、出産前から検討する必要もあります。幼稚園から小学校などだけでなく、社会人になるまで必要と考えていくと、予想以上に教育費がかかってしまうことがあります。極力中学生になるまでの間で、子育てで使う貯金を蓄えたいものです。

家計や世帯収入で状況が大きく変わることもありますが、目安として算出すると平均値で毎年20万円前後貯金しておけば、将来の貯蓄として助かっていくことでしょう。貯金額を子供一人当たりで計算すると毎月1万円ほど、臨時収入としてボーナスなどが出れば年間8万円ほど貯金していくと20万円ほど毎年貯金することができます。

主に子育てで使っていく費用の貯金方法で考えられるのは、他にも学資保険という保険があります。教育ローンを活用する人は多いですが、学資保険も子育ての費用において十分活用することができます。教育ローンを使っていくと借金になってしまいますが、学資保険だと月々一定額を積み立てていきます。そして満期になったところで、積立金と一緒に利息などを貰うことができます。支払った額以上にもらいたいのであれば、学資保険を子育てで検討してもいいでしょう。

Copyright © 2016 子育てとお金。