子育てに必要な費用

色々な子育てに関する費用がありますが、単に教育費と養育費を合計した額が子育てに必要な費用となっています。子育てにかかわる費用は、教育費だけではありません。教育費というと学校へ支払うお金であったり受験費用、さらにお稽古事なども関連してきます。

また他の出費として子育てで必要なのが養育費です。ここでの養育費というのは主に子供へ着せる衣服代や食費、さらにおもちゃや文具代などがあります。時には仕事で自宅を離れることもありますが、そうなると保育園代やベビーシッター代などもかかってきます。育てていく中でかかってくる教育費以外で発生する費用が養育費となりますので、子育てでは用意しなければなりません。育てた経験を持っていれば、養育費が異常にかかってしまい苦労した人も多いです。養育費と教育費を合計すると、子育てで必要な費用全体のビジョンが見えてくることでしょう。金額にして、場合によって家が建つくらいのものとなります。

一般的に出産から大学を卒業するまで、子育てに必要な養育費などを計算すると、1500万円以上と試算されています。費用は年々変わることがありますが、大半は固定費となっていると考えておいていいでしょう。例えば出産費用では赤ちゃんへつけるオムツ代や、飲ませるために必要なミルク代などが多くかかってしまいます。これだけでも年間で100万円以上かかってしまうこともあります。まとまってかかる費用を考えておけば、仕事で得る給料やボーナスより貯蓄をしておけば問題ありません。

▽子育て関連サイト
子育て ママ・・・ママが子育てをしていくうえで地域のオトクな情報が載っていて参考になります。

Copyright © 2016 子育てとお金。